Siebel Server/Web Serverとユーザーインターフェイスとの間でやり取りされるデータの処理にはスクリプトが使用されています。スクリプトを使用するにはWebブラウザでJavaScriptが有効になっている必要があります。

Internet ExplorerでJavaScriptを有効にするには、次の手順に従います。

[ツール]>[インターネット オプション]>[セキュリティ]>[レベルのカスタマイズ]>[アクティブ スクリプト]で、[ダイアログを表示する]または[有効にする]をクリックします。

[ツール]>[インターネット オプション]>[セキュリティ]>[レベルのカスタマイズ]>[Javaアプレットのスクリプト]で、[ダイアログを表示する]または[有効にする]をクリックします。

その他のブラウザの場合も同等の方法で、JavaScriptを有効にし、JavaアプレットがJavaScriptと連動するようにしてください。